セラミドと相乗効果のある成分とはどんなものがあるのでしょうか?

スキンケア、とりわけ乾燥肌対策、エイジングケアに欠かせないといわれるセラミドですが、もちろんこの成分だけを補っていればよいというわけではありません。この成分をうまく補いつつもスキンケアとして総合的な効果を視野に入れたうえでケア環境を考えていくことになります。それだけにセラミドと一緒に補う成分の組み合わせにも配慮が必要です。

ヒアルロン酸とコラーゲンも若々しい肌を維持する上でセットで補う必要がある

セラミドの相乗効果

セラミドと一緒に補うことで相乗効果が期待できる成分もあります。その筆頭がヒアルロン酸です。ヒアルロン酸もセラミドとともに保湿成分の代表格として挙げられますが、この2つの成分はお互いを補い合うような関係にあります。セラミドは角質層にある角質細胞同士を結びつけつつ水分や油分が蒸発して失われないよう抱え込む役割を担っています。それに対してヒアルロン酸は角質層のさまざまな場所に存在しつつ、水分を抱え込む役割を担っているのです。ヒアルロン酸があることでセラミドが水分を抱え込む役割を補うことができ、セラミドが角質層の構造を維持していることでヒアルロン酸が失われずに水分を抱え込んだ状態を維持できるという相互補完のような関係を作り上げています。しかもどちらの成分も30歳前後から含有量が減少していくので一緒に補っていく必要があります。こうした点からも相性がよい成分です。

 

それからコラーゲン。これも保湿成分として有名ですが、肌のハリを整え、ふっくらとした肌を維持する働きも担っています。セラミドが角質層の構造を維持することで肌のキメを整え、コラーゲンでハリをもたらす。この2つの成分の効果で若々しく魅力ある肌へと導くのです。そしてコラーゲンもまたヒアルロン酸と同様30歳前後からセラミドと一緒に減少していきます。この3つの成分は若々しい肌を維持する上でセットで補う必要があるといってもよいでしょう。

 

ほかには美白成分もセラミドとの相乗効果が期待できる成分です。シミやくすみに悩まされている肌はセラミドの減少でバリア機能が低下し、それが原因で紫外線などの刺激によるメラニン色素の増加が見られています。美白成分はそんなメラニン色素の生成を抑制する効果によってシミ・くすみの予防・改善に役立つわけですが、そもそも肌が刺激に敏感な状態になっているところに美白成分を補っても十分な効果が期待できませんし、そもそもセラミドの不足でバリア機能が低下していると美白成分の刺激が強くて美白化粧品を使えないケースも出てきます。相乗効果というよりもセラミドをしっかり補うことが美白対策を行ううえでの大前提になる、というべきでしょうか。いずれにしろ両方をうまく補った上での対策が求められます。

セラミド化粧水 お試しから始められる人気化粧水