年代別にセラミド化粧品を選ぶ際のポイントとはなんでしょうか?

基本的にセラミドは年齢を重ねれば重ねるほどスキンケアにおける重要性が増していきます。どんどん減少し不足していくため外からうまく補っていく必要があるからです。角質層に含まれているセラミドは20代がピーク30歳前後から減少に転じるといわれています。その後どんどん減少を続けて40代になると20代の半分程度の含有量になってしまうとも。セラミドは保湿成分としての役割だけでなく、細胞間脂質として角質細胞を結びつけ、角質層全体の構造を維持する役割を担っています。それが不足すると乾燥はおろかバリア機能の低下やキメの乱れ、紫外線のダメージによる老化の進行などさまざまなトラブルの原因となってしまうのです。

30代前半はセラミドだけではなく同様に減少していくヒアルロン酸やコラーゲンも補うことが大切

年齢別のセラミド

こうした事情から年代別のセラミド化粧品選びでは歳を重ねるほど多く補充できる製品を選んでいくことが大前提となります。ならセラミドの配合量が多い製品を選べばよい、と考えがちですが、それだけでは済まない部分もあるので注意が必要です。ひとつのスキンケア製品だけでたくさんの美容成分を補うのは限界がありますし、補ったところでしっかり浸透するかどうかの問題があるからです。

 

30代の前半から半ばまではセラミドだけでなく同じく減少していくヒアルロン酸、コラーゲンもうまく補いながらうまく保湿対策を行っていける化粧品を選ぶようにしましょう。浸透性や配合量にはそれほどこだわる必要はなく、スキンケアの一環としてセラミドをしっかり補っていけることを重視し、全体のバランスを優先してエイジングケア化粧品をうまく活用していくことが求められます。

30代後半〜40代半ばは老化の進行でセラミドの浸透が悪くなるので浸透力に重視して家h送品を選ぶこと

30代後半から40代前半は本格的な老化に併せてセラミドをより重点的に補っていく工夫が求められます。配合量ももちろんですが、浸透性に重視しましょう。いくらたくさんのセラミドが配合していてもしっかり浸透しなければ意味がありません。ただでさえ老化の進行で有効成分が浸透しにくい状況になっていますから、セラミドが浸透するかどうかを見極めたうえで選んでいくことが必要です。浸透性に優れたヒト型セラミドが配合されたものを選ぶ、あるいは浸透性を高めるために特殊な処方や技術を導入した製品を選ぶといった工夫を心がけましょう。

 

40代半ば以降になるとエイジングケアも併せてセラミドを補っていく必要があります。老化を防ぐビタミンC誘導体やターンオーバーを活性化させるプラセンタエキスなど、エイジングケアに必要となる有効成分が増えてきますから、ひとつのスキンケア製品だけですべてを補っていくことが難しくなります。セラミドに関しては美容液で補うだけでなくクリームや乳液でうまく補っていく工夫をしましょう。むしろ美容液よりも乳液・クリームへと重点を移していった方が効果的に補うことができるようになります。肌がますます乾燥しやすい状態になっているので油分でうまく表面にフタをしながら脂溶性のセラミドを浸透させることができるからです。こうした年代別のポイントも踏まえながら適切なセラミド化粧品選びを行っていきましょう。

セラミド化粧水 お試しから始められる人気化粧水