保湿ケアしてもすぐに乾燥してしまうのはなぜなのでしょうか?

保湿ケアを毎日一生懸命行っているのも関わらずなかなか改善されない、あるいは効果が長続きせずにすぐに乾燥してしまうといった悩みを抱えている方も多いものです。そんな場合には保湿ケアが相応しくないというよりも肌環境が保湿ケアの効果を十分に得られる環境にない可能性があります。その点に注意しつつ保湿ケアだけでなく肌環境そのものの改善も視野に入れながらケア環境を見直していくことが求められます。

老化などの影響で減少した保湿成分がまだ不足している可能性があるので浸透力を重視した製品を選ぶこと

保湿ケア後の乾燥

保湿ケアをしてもどうしてすぐに乾燥してしまうのか、それは肌の保水力が不足してせっかく補った水分や有効成分がすぐに蒸発してしまうのがおもな理由です。そしてそれは同時に現在行っている保湿ケアが自分の乾燥した肌にとって十分ではないことも意味しています。

 

乾燥の直接の原因はセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった角質層に含まれている保湿成分が失われてしまう点にあります。これらの成分は角質層内に水分を溜め込むという非常に重要な役割を担っており、不足すると水分が失われやすい状態になってしまいます。とくにセラミドは角質層内で細胞が層になって連なる構造を維持する役割を担っており、これが不足すると構造が乱れて細胞と細胞の間で隙間が生じてしまうようになります。その結果その隙間から水分がどんどん蒸発して失われてしまうのです。

 

ですから保湿ケアをしてもすぐに乾燥してしまう場合には老化などの影響で減少したこれら保湿成分がまだ不足している可能性が大です。これまで以上にしっかり補えるスキンケア製品に切り替えてみましょう。大事なのは配合量よりも浸透性です。乾燥旗肌は有効成分が浸透しにくい状態にあるため、しっかり補っているつもりでも十分に浸透せず効果を得られていない可能性もあります。浸透性にこだわった配合や処方を取り入れている製品を選んでみましょう。

 

もうひとつ注意したいのは皮膚の表面の油分が不足している可能性です。こちらも保湿ケアでよく見られるもので、本来表面で水分を閉じ込めるフタの役目を担っている皮脂膜が皮脂の不足で十分に形成されていないことで水分が蒸発しやすい環境になってしまっています。乾燥肌の方はもともと皮脂の分泌量が少ない上に洗顔の際にどうしても一生懸命洗って皮脂を除去してしまう傾向があります。余分な皮脂だけを除去して皮脂膜に必要な皮脂を残せる洗顔方法を心がけること、そのうえで乳液やクリームで表面の油分のフタをするケアを取り入れましょう。こうした工夫で保湿ケアの効果と持続性を高め、乾燥肌そのものを改善していくことができるはずです。

セラミド化粧水 お試しから始められる人気化粧水