脂性肌の保湿対策は必要ないのでしょうか?

保湿対策といえば肌の乾燥とバリア機能を改善するためのものです。そのため年齢肌や乾燥肌・敏感肌に欠かせない対策というイメージが強いものです。表皮がかさかさにならないよう保湿成分と水分を適度に補うわけですから、もともと皮脂の分泌量が多めで表面が脂っぽい脂性肌には必要ない対策との意見もあります。

脂性肌は洗顔などで皮脂を除去し過ぎている場合があるので水分と油分のバランスを気をつけることが大切

脂性肌の保湿対策

確かに乾燥肌や加齢によって衰えが進んでいる肌に比べると脂性肌は保湿対策がそれほど必要ありません。乾燥肌や年齢肌が厄介なのは表面の皮脂が不足して皮脂膜が十分に形成されていないためにせっかく水分や有効成分を補ってもそれを角質層内に抱え込んで維持することができず、どんどん蒸発して失われてしまうことです。そのためクリームや乳液で油分を適度に補ってフタをすることが重要なポイントとなっています。ですから皮脂が十分に足りて皮脂膜が維持されている脂性肌はそれほど保湿対策に神経質になる必要はないわけです。
しかしだからといってまったく保湿対策を行わなくてもよいというわけでは決してありません。その理由として脂性肌の原因が皮脂のとりすぎにある可能性がある点が挙げられます。もともと皮脂の分泌量が多めなわけではなく、洗顔で一生懸命皮脂を除去しすぎてしまった結果、分泌量が増えてしまっている可能性もあるのです。とくに現代人は「皮脂=汚れ」の意識が強く洗顔で徹底的に除去してしまうケースが見られます。その結果不足した皮脂を補うため過剰なほど分泌されてしまうようになるのです。

 

このケースで厄介なのは過剰な洗顔によって表面の皮脂の量は増えたものの、角質層の内部は乾燥しやすい状態に陥ってしまっていることが多いことです。洗いすぎによって皮脂だけでなくセラミドまでも洗い流してしまっていたり、刺激のダメージでターンオーバーが低下して保湿力そのものが低下してしまっていたりといった問題が密かに進行していることも多いのです。ですから皮脂の分泌量が多い脂性肌の方はまず洗顔方法を改めたうえで適度に保湿成分を補う保湿対策を行ってみましょう。水分と油分のバランスが乱れてしまっていることで脂っぽい状態が加速してしまっていないかどうか、自分で確認してみましょう。

 

このように脂性肌には保湿対策が必要なのかどうかの問題ではなく、脂性肌を改善するためにも保湿対策をうまく活用していく意識が必要です。もちろん、ベタついてしまったり、毛穴を詰まらせてしまうような方法は避け、適切な洗顔に加えてさっぱりタイプの美容液を選ぶなど適切な方法で賢く行っていくよう心がけましょう。

セラミド化粧水 お試しから始められる人気化粧水