そもそも乾燥してしまう原因とはなんなのでしょうか?

肌質といえば生まれつきのもの、とのイメージがかつては強かったものですが、現在では後天的な部分、もっと言えば日々のすごし方やスキンケアが原因で肌質が変化していく部分が大きいといわれるようになっています。現代社会を生きるわたしたちは肌質を変化させてしまいやすい環境に晒されているといってもよいでしょう。それだけに乾燥肌に悩まされている場合にはなぜ肌が乾燥してしまうのか、その原因を踏まえたうえで適切な対策を行っていく必要があります。

洗顔で必要以上に皮脂やセラミドが洗い流せれ水分が肌から蒸発しやすい環境へとしてしまっている

乾燥の原因

生まれつきの体質以外でよく見られる乾燥肌の原因は誤ったスキンケアです。もともと魅力的な肌にしようと行っているケアがかえって乾燥を引き起こしてしまっていることがじつに多いのです。とくに過剰な清潔意識から洗顔の際に洗いすぎてしまうことが大きな要因となっています。洗顔は汚れを落とすのが目的ですが、実際には洗う際には汚れだけでなく皮脂やセラミドも洗い流されてしまいます。皮脂といえば汚れのイメージが強いですが、それは毛穴を詰まらせるような余分な皮脂であって、本来皮脂は皮膚の表面で水分とバリア機能を維持する皮脂膜を形成しています。それまで除去してしまうことで水分が肌からどんどん蒸発して乾燥していく環境を作ってしまうのです。その結果いくらスキンケア製品で水分や美容成分を補ってもすぐに蒸発して失われてしまい効果が十分に得られなくなってしまうといった弊害も起こります。

老化の影響で保湿成分が減少し乾燥とともに老化の原因である活性酸素が増加してしまう

もうひとつ乾燥の主な原因となるのが老化です。30歳前後がお肌の曲がり角とよく言われますが、そのおもな理由となっているのが角質層における保湿成分の減少です。角質層内ではヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンといった保湿成分が作られ、保湿をはじめとした肌環境の維持に役立っているのですが、30歳前後からこれらの成分が老化の影響で減少していきます。その結果角質層内で水分を抱え込んで維持する機能が低下してしまいどんどん水分が外へ蒸発して失われていくことで乾燥が加速していくのです。乾燥が進むとバリア機能も低下し、バリア機能の低下によって外部からの刺激を受けやすくなると老化の原因となる活性酸素が増加する…といった悪循環に陥ってしまうのも厄介な点です。

 

この2つが乾燥肌の主な原因ですが、ほかにも生活習慣が原因で乾燥を進めてしまうこともあります。栄養バランスの偏った食事やダイエット目的の無理な食事制限によって健康な肌が作られるのに必要な栄養分が不足するケース。また睡眠不足、睡眠障害で睡眠中のターンオーバーが十分に行われなくなってしまったケースなど。乾燥対策を行っていく場合にはこうした自分の体に生じている変化や悪影響も考慮したうえで対策を行っていく必要があります。肌に刺激を与えない洗顔、老化を防ぐためのエイジングケアなど。保湿対策だけにとらわれない総合的なケアも必要です。

セラミド化粧水 お試しから始められる人気化粧水