アトピー肌にセラミドが効果的って本当なのでしょうか?

保湿成分としてこれまでスキンケアで活用されてきたセラミドですが、近年ではより幅広い効果に注目が集まるようになっています。単なる保湿効果だけにとどまらず肌環境そのものを改善し、健康な状態へと導く効果を備えていることが明らかになっており、さまざまな肌トラブルに活用される機会が増えているのです。そんなセラミドの効果の中でも注目されているのがアトピー肌への効能です。

バリア機能が低下しちょっとした刺激に対しても敏感に反応してしまうようなアトピー肌にセラミドが効果的

アトピー肌とセラミド

ちょっとした刺激に炎症を起こしてしまうアトピー肌はもっともスキンケアが必要な肌質にも関わらず刺激に弱いために思うようにスキンケアができないという非常に難しい問題を抱えています。どんなスキンケア製品を試してみてもピリピリしたりすぐに肌荒れを起こしてしまうので使えない、と悩んでいる方も多いようです。そんなアトピー肌対策にセラミドが効果を発揮することが指摘されるようになっているのです。

 

このセラミドによるアトピー肌への効果に関してはまずアトピー肌の特徴をしった上で検討していく必要があります。アトピー肌には2つのタイプがあり、それぞれ原因はもちろん肌の状況にも違いが見られます。ひとつめは体質的・遺伝的な原因で特定のアレルゲンと接触することでアレルギー反応を起こすケース。もうひとつはバリア機能の低下によって免疫力が低下し、ちょっとした刺激に対しても過敏に反応してしまうケースです。セラミドは後者のアトピー肌に対して効果を発揮するといわれています。

 

保湿成分として扱われることが多いセラミドですが、バリア機能とも深く関わっています。この成分は細胞間脂質の一種で角質層内において細胞と細胞をつなぎ合わせる役割を担っています。これによって角質細胞が整然と層をなして並ぶ構造が維持されることで健康な肌状態となるのです。しかしセラミドが減少すると角質細胞同士の結びつきが緩み、間隔が開いてしまったり、層に乱れが生じてしまいます。そうなるとその隙間から水分が逃げ出して蒸発してしまったり、外部からの刺激が角質層の奥にまで侵入しやすい状況になっていくのです。

アトピー肌は肌に刺激を与えない低刺激な化粧品やこんにゃくや大豆など食品からセラミドを補うことが大切

アトピー肌の人はもともとセラミドが不足しているケースが非常に多く、こうしたセラミドの不足による角質層の乱れがバリア機能を損ねてしまっている傾向が見られます。ですからスキンケアでセラミドを補うことでバリア機能を修復し、刺激に対して敏感な状況を改善していくこともできるのです。

 

もちろん、セラミドを補う場合には肌に刺激を与えない低刺激なスキンケア製品を使用していくことが大前提です。またこんにゃくや大豆製品などセラミドが含まれている食品で体の内から補っていくのもひとつの方法でしょう。アトピー肌対策にうまく取り入れていきたいところです。

セラミド化粧水 お試しから始められる人気化粧水